葵 祭(あおいまつり)のご案内

 

 

 

 

 

京都三大祭の一つである「葵 祭(あおいまつり)」は、毎年5月15日に行われます。

平安時代から国家的行事として続けられ、王朝風俗・文化を今に伝える貴重な

祭事として残っております。

平安貴族の風雅な装束に身をつつみ、馬、牛車を連ねて、総勢500余名の行列が進みます。

京都御所(午前10:30)を出発し、丸太町通、河原町通を通過して、下鴨神社に到着(11:40)、さらに上賀茂神社(15:30到着)へと行列は向かいます。

各々の神社に到着した際、祭儀である社頭の儀が執り行われ、舞などが奉納されます。

また、京都御苑内にある「拾翠亭 」(茶室)も、特別公開されます。

詳しくは、こちらをご参照くださいませ。

ぜひこの機会に、足をお運びになられてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。