祇園祭りのご案内

今年もあと一か月もすると、祇園祭が始まります。

祇園祭といえば、山鉾巡行が広く知られておりますが、

今年の祇園祭は半世紀ぶりに元のかたちで復活するそうです。

昨年まで1日だった山鉾巡行は、17日(前祭・山鉾巡行と神幸祭)・24日(後祭・山鉾巡行と還幸祭)2日に分けて行われるようです。

詳しい巡行コースはこちらまで。

祇園祭は八坂神社の祭で、毎年7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1ヶ月にわたっておこなわれます。

祇園祭は今からおよそ1100年前の清和天皇の貞観11年(869)に、

京洛に疫病が流行したことが、牛頭天王(ごずてんのう、素盞鳴命ともいわれている。)のたたりであるとし、

園社(八坂神社の前身で、祭神は素盞鳴命)を信仰し、病魔退散を祈願したことが始まりとされています。

祇園祭がある7月の京都は、「コンチキチン」というお囃子が京都市内に響き渡ります。

京都の夏は暑いですが、祭りの熱気とのなれば、なんだか心が浮かれてきます。

毎日催しがありますので、山鉾巡行以外の日でも十分楽しむことができると思います。

おすすめは祇園祭の終盤、7月24日の還幸祭は、夜中11時ごろに3基の御神輿から御霊を八坂神社の本殿にお返しをする儀式です。

東山に月がぽっかりと浮かびあがり、明りを消した八坂神社境内には、神主さんの声が響きます。

無事に、御霊が本殿のお帰りになると、1ヶ月の祇園祭りが終わったなぁと感じです。

祇園祭の主な行事の日程はこちら

祇園祭中、八坂神社では、能、狂言など毎日催し物があります。

吉水で休憩をとりながら、祇園祭をご堪能いただけたらと思います。

葵 祭(あおいまつり)のご案内

 

 

 

 

 

京都三大祭の一つである「葵 祭(あおいまつり)」は、毎年5月15日に行われます。

平安時代から国家的行事として続けられ、王朝風俗・文化を今に伝える貴重な

祭事として残っております。

平安貴族の風雅な装束に身をつつみ、馬、牛車を連ねて、総勢500余名の行列が進みます。

京都御所(午前10:30)を出発し、丸太町通、河原町通を通過して、下鴨神社に到着(11:40)、さらに上賀茂神社(15:30到着)へと行列は向かいます。

各々の神社に到着した際、祭儀である社頭の儀が執り行われ、舞などが奉納されます。

また、京都御苑内にある「拾翠亭 」(茶室)も、特別公開されます。

詳しくは、こちらをご参照くださいませ。

ぜひこの機会に、足をお運びになられてはいかがでしょうか?

[第6回] 食の輪 ワークショップ  平飼い養鶏農家 野田勲さんのお話

 

農や食の職人が、美味しい時間をお届けする食の輪ワークショップ。

今回は、ほんまもん市の店主、野田勲さんに講師を務めていただきます。

大津市にある無農薬栽培作物限定の八百屋さんであり、こだわりの平飼い養鶏農家さんでもあります。

野田さんの鶏と卵のお話をききながら、日常生活によく使う卵について皆さんで一緒に考えてみませんか?

 

 

日時:5月31日(土)14:00~15:30まで

場所:お宿吉水(京都市円山公園弁天堂上)

※駐車所がありませんので交通機関をご利用下さい。

参加費:1,000円

募集人数:先着15名様

※食の輪メンバーかたぎ古香園さんのお茶のみ、販売致します。

:・E-Mail astgreen※ares.eonet.ne.jp(※→@に換えて下さい) 星野まで
・タイトルは、「食の輪WS申し込み」でお願いします。
・お申し込みの際は、代表の方のお名前と参加人数、お電話番号をお伝え願います。
・お申し込みは、5月30日(金)まで、先着順で受け付けています。

 

講師紹介  野田勲氏 ほんまもん市店長、もったい農園代表

◎ 滋賀県甲賀市で養鶏をされていて、ご自身で鶏の餌を調合されてます。
◎ 全国から集まった、こだわりの作物や加工品を販売されています。

玉子は物価の優等生などと言われてますが、玉子と卵って何が違うの?
鳥インフルエンザが一度起これば、物扱いのように大量の鶏が処分される現実。なぜあんなことになるの?
1個10円のたまごって、どんな環境で育てられているの?
田んぼや畑と違って、日常よく食する食材ですが、なかなか鶏舎を目にすることはありません。
鶏や卵について???をお持ちの方、ぜひ講師に質問してください。
農業や食材について、その知識量ははんぱなく、歩く辞典のような方で、お話もとても楽しい方です。
僕も会えたときには、トマトの栽培について教えてもらってます。

 

 

 

 

【第5回】 食の輪ワークショップ  安心・安全な「手前みそ」作り教室のご案内

 

 

堀田さんの味噌教室のご案内!安心・安全な「手前みそ」作り教室のご案内

はじめてさんも! 安心・安全な「手前味噌」作り
今年も、農薬を一切使用されてないお百姓さん、堀田さんの大豆と自家製玄米糀で、お味噌を仕込みます。
使用する大豆は、希少な滋賀県在来品種「みずくぐり大豆」(無農薬・無化学肥料栽培)です。
世界に一つしかない『やさしいお味噌』を一緒に作ってみませんか?
味噌作りだけでなく、栽培のことや日々の野良仕事のことなど、こだわり百姓に色んなことを
聞いてみたい方、絶好のチャンスですよ♪
日時: 2月9日(日)  13時~16時終了予定。
費用: 3kg 3,000円
     5kg 5,000円
持ち物: 仕込む容器 (例:3kg=5号の漬物樽、5kg=10号樽)、

      エプロン、三角巾、タオル、筆記用具など
  ※容器は実費でご用意できます。ご希望の方は、お申し込み時にお伝えください。
場所:お宿吉水 (円山公園内)
※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用下さい。
京都市バス 「206」 「100」 祇園下車 徒歩15分
定員:先着順で15名様  2月2日まで
お申込・お問い合わせ
milk.rice.farm※nike.eonet.ne.jp(※→@に変えてください)
お名前と参加人数、電話番号、容器持参かを送信して下さい。
お味噌は、吉水からご自宅までの宅配も可能です(着払いのみになります)
皆さまのお越しをお持ちしております

第4回 食の輪ワークショップ

~農や食の職人が、美味しい時間をお届けします~

かたぎ古香園さんのお話し会

 

 

 

 

 

大人も子供も同じお茶を飲む。

子供への農薬の影響は大きいはず。

 

その想いから、昭和50年から『特別栽培 農薬不使用栽培』を手がけ、 より安全で、より美味

しいお茶を!

何よりも自分自身が本当に納得できるお茶をつくる。

栽培への熱い思いと、淹れたてのお茶をご堪能いただきます!

 

日時 : 11月18日(月) 14時~15時30分

 

参加費 : 1,000円(先着15名様 )

お持ち物 : お買い物袋 *直売会も行います。

場所 : お宿吉水(Tel: 075-551-3995 京都市円山公園弁天堂上)

※お越しの際は、交通機関をご利用下さい。

※JR京都駅から、市バス206番で「祇園」下車、徒歩約15分。

 

講師紹介  かたぎ古香園 六代当主  片木明氏

 

 

滋賀県信楽で農薬を一切使わずに、お茶を栽培しています。 

紅茶やべにふうき緑茶、食べる緑茶など、様々な商品開発も行っています。

食の輪プロジェクトサイトに、ワークショップ内容を掲載しています!

 

 

http://shoku-nowa.jugem.jp/?eid=49 (サイトメニュー:イベントのご案内)

お申し込み 代表の方のお名前と参加人数、電話番号をお伝え願います。

E-Mail astgreen@ares.eonet.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013 第3回  食の輪WS 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013 第3回  食の輪WS 

 ~農や食の職人が、美味しい時間をお届けします~

           トマト好きにはたまらないワークショップ

      栽培方法から美味しい食べ方まで

             いろいろな特権をご用意してお待ちしております。

トマト栽培は難しい・・・と思ってませんか?

トマト農家が家庭菜園でも活かせる栽培のコツをお話します。

大事なポイントは技術ではなく、考え方。目から鱗!の話です。

赤・桃・橙・黄・緑・紫・白、色んなトマトをお召し上がりいただけます

栽培ノウハウと完熟トマトを楽しめる、とってもお得なWS!

※栽培状況によって、内容変更あり。

 

 

 

日時   : 8月25日(日) 13時30~15時

参加費  : 2,000円(先着15名様 )

お持ち物 : 筆記用具

場所   :お宿 吉水 (Tel: 075-551-3995   京都市円山公園弁天堂上)

※JR京都駅から、市バス206番で「祇園」下車、徒歩約15分 円山公園上

※お越しの際は、交通機関をご利用下さい。

お申し込み:  E-Mail: astgreen※ares.eonet.ne.jp(※→@に換えて下さい)

TEL : 090-3052-3210 (星野まで)

※代表の方のお名前と参加人数、電話番号をお伝え願います。

※日中は農作業のため電話に出ることが出来ない場合もございます。

※申込期限は、8月22日(木)

 

 

 

 

 

講師紹介  百姓  星野隆護氏

 

 

 

 

・南丹市八木町で農薬・市販肥料・トラクターを使わずに、

トマトをメインに栽培しています。

・今年は18種類、800株のトマトを栽培しています。

・美白効果があるといわれているリコピンは、国内トップクラスの含有量!             (昨年度実績)

 

食の輪プロジェクトのサイトに、ワークショップ内容を詳しく掲載しています。

詳しくはこちらをご覧ください

第3回 食の輪ワークショップ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例! 五山(ござん)の送り火ツアー!!

毎年恒例となっております、

 「五山の送り火ツアー」

今年も開催予定です!

 

ご宿泊のお客様で、

ご参加を ご希望の方とともに、

お宿の裏山を登ってまいります。

 

日時: 2013年8月16日(金)   【雨天中止】

<20時から順次点灯>

最初の「大」は残念ながら真横からの眺めとなり、「大」の文字に見えません。 ですが!

「妙」「法」は、バッチリ! (写真は、会場からの眺めです) 「舟形」は、しっかり。

「左大文字」「鳥居形」も、ちゃんとご覧になれます。

 

当日、19時過ぎにお宿に集合。

*懐中電灯(貸出あり:数量限定)できればご持参下さい。

*山道を登りますので、靴は必ず、運動靴などをお履き下さい。

◎「五山の送り火」 (通称:だいもんじやき)

京都の夏の終わりを、静かに告げる風物詩です。

☆送り火は、頂上の大日堂というお寺の庭園から眺めますので、

入園料:800円(予定)が別途必要です。

☆お宿の裏山を、お客様(有志の方)とともに、

懐中電灯と互いの歩みをたよりに、

真っ暗な山道を 30分くらいかけてゆっくり登って行きます。

今年も、五山の送り火で、京都の夏が過ぎていきます。

まだまだ、暑い日が続きますが。

 

祇園祭が、はじまります!

 

今年も、祇園祭の季節になりました。

京都市内では、コンチキチンの祇園囃子がいたるところで聞こえてきます。

この祇園囃子を聞くと、夏の始まりを感じさせてくれます。

 

祇園祭は、八坂神社の神事で、7月1日から31日までの1ヶ月間にわたり、

さまざまな儀式や行事が執り行われます。

宵山の期間は、山や鉾が所有される各町内に立ち並び、提灯がともされ、

コンチキチンの祇園囃子が響きます。

中でも、7月14日から16日までの宵山や、17日の山鉾巡行は、たくさんの人で賑わいます。

また同期間は、『屏風祭』として、各町内の旧家秘蔵の屏風や書画が、道行く人に公開されます。

ぜひ宵山の夜の町歩き、宵ぶら?をお楽しみ下さい。 そして、17日の巡行(写真)をご堪能下さいませ。

<祇園祭>

・7月1日~5日  「吉符入り」

・7月2日~  「二階囃子」

・7月10日 「お迎え提灯・神輿洗い」

・7月10日~14日 「鉾立て・山立て」

・7月13日 「卑き初め・舁き初め」

・7月14日(日)~7月16日(火) 「宵山」「屏風祭」

・7月16日 「岩見神楽」「日和神楽」「あばれ観音」

・7月17日(水) 「山鉾巡行」  「神幸祭」

・7月18日 「鉾仕舞い・山仕舞い」

・7月24日 「花笠巡行」 「環幸祭」

・7月28日 「神輿洗い」

 

山鉾巡行以外にもたくさん見どころがある祇園祭。

24日の「花笠巡行」は、総勢千名にも及ぶ大行列。

色鮮やかな花飾りと衣装が、観客の目を楽しませてくれます。

その後は、八坂神社で芸舞妓による舞い、獅子舞などの奉納も見どころです。

 

おすすめは、御旅所の神様が八坂神社におかえりになる「環幸祭」。

御旅所を出発した神輿は、それぞれ異なるルートを通って八坂神社へ。

到着後は、神様を本殿へおかえしする「御神霊遷の儀式」。

境内の明かりをすべて消し、和琴と警蹕の声だけが響く中、

祇園祭のもっとも神聖な儀式が粛々と執り行われ、1ヶ月間のお祭の幕が下ろされます。

長いようであっという間の、祇園祭ですが、

京都ならではのお祭をぜひご堪能ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンで手軽に焼けるパン作りと美味しいコーヒの淹れ方のワークショップ

リンク

~農や食の職人が、美味しい時間をお届けします~

 手作りパンと本格派コーヒー教

 

食の輪ワークショップ第2回、パンとコーヒーの集いです。

コーヒーは、春風 日下部さんによる、美味しいコーヒーの入れ方と、フェアトレード、森林農法のお話し。

パンは、オーブンではなく、フライパンを使って簡単に、おいしく焼けるパンのワークショップ。

ほんびょうさんの朝市で出店してくださっている御二方から、

フライパンで手軽に焼けるパン作り方と美味しいコーヒの淹れ方を学び、

堪能して頂けるワークショップになります。 ぜひご参加くださいませ。

 日時 : 6月9日(日) 13時~16時30分

参加費 : 3,200円(先着16名様 ※3名様以上で開催します。)

お持ち物 : 筆記用具

場所 : お宿吉水(Tel: 075-551-3995 京都市円山公園弁天堂上) 

※お越しの際は、交通機関をご利用下さい。

※JR京都駅から、市バス206番で「祇園」下車、徒歩約15分。

 講師紹介

 

パン担当 ・名前のないパン屋  Natsuko氏

世界の台所ニューヨークで、製菓製パンの基礎を学びました。皆様と焼きたてパンの美味しさを共有させてください。フライパンで焼くパンのご紹介です。

 

コーヒー担当 ・春風  日下部伸行氏

エクアドル産をハンドドリップで提供します。美味しいコーヒーの淹れ方と、エクアドルのことやフェアトレード、森林農法の話を致します。

 

食の輪プロジェクトのサイトにも、ワークショップ内容を掲載しています。

http://shoku-nowa.jugem.jp/?eid=44 (イベントのご案内)

 お申し込み:代表の方のお名前と参加人数、電話番号をお伝え願います。

E-Mail astgreen※ares.eonet.ne.jp(※→@に換えて下さい)

TEL 090-3052-3210 (星野まで)

お申し込みは、6月4日(火)まで受け付けています。

 

 

 

 

 

【2月24日開催】安心・安全な「手前みそ」作り教室のご案内

はじめてさんも! 安心・安全な「手前味噌」作り
希少な滋賀県在来品種「みずくぐり大豆」(無農薬・無化学肥料栽培)で仕込みます!
世界に一つしかない『やさしいお味噌』を一緒に作りましょう♪

日時 : 2013年 2月24日(土)13時~16時くらいまで
場所 : 京都市円山公園弁天堂上  お宿 吉水
   

募集人数 : 先着20名様限定
参 加 費 : 実費のみ 3000円
        お1人様あたり5kg分の味噌が出来上がります
        +ワンドリンク

お問い合わせ : 携帯 080-6122-4736 金ちゃん農園(堀田金一郎)
           E-mail gt.takashima@gmail.com 里山販舍ごっつお高島
           Fax 075-551-3996 お宿 吉水

お持ち頂くもの : 三角巾 エプロン タオル 筆記用具

  

 

 

 

  ● 市販のお味噌では味わえないまろやかな味! 心も温まりました。
  ● 大豆そのものが苦手でしたが、この大豆は美味しいと感じました。
  ● 大豆を踏むのが、楽しかったし気持ちよかった~

※本教室は、農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金事業」として開催いたします。